【サイト内現在位置】

ホーム > 職員からのメッセージ > 12月の職員メッセージ その3

12月の職員メッセージ その3

Facebook にシェア
LINEで送る

つれづれなる時に考えた          

308HR副担任/語学部顧問 鈴木智彦

 ふと、料理を作りながら考えた。

 今では時に別のことを考えつつも、料理を作ることができる。最初は辛すぎたり、甘すぎたりと安定しなかった。そして、面倒くさいとも感じていた。しかし、今では出来を期待したり楽しんだりもできている。

 また、ある時に買い物をしてポイントカードを出した時に気がついた。

最初は0ポイントだったカードのポイントが今や四桁後半になっていることに。始めの頃は、一桁二桁で気にすることもなかったが、いまやレシートのポイントを見ることが楽しみになっている。

 

 何事も最初は誰もが0から始め、結果が出ない、つまらない、などと挫折しそうになることも多々ある。しかし、積み重ねていけば自ずとそれが結果となって出てくる。

 寒い冬を越えれば、温かい春が来るように、頑張りが必ず報われる日が来る。その日を信じて学校生活や、学習を頑張っていこう!

 

Facebook にシェア
LINEで送る