浜松修学舎 中学校・高等学校

ホーム職員より11月の職員メッセージ その4

11月の職員メッセージ その4

Facebook にシェア
LINEで送る

「人生の縁★一期一会」

浜松修学舎高等学校304HR副担

松林和子

人それぞれ、ある人と出会って影響を受け人生を歩んでいく、というものがあるのではないのでしょうか。一緒にいると楽しい人だけではなく、一見厳しいようでもあなた自身のことを想って話をしてくれる人も含まれています。私は、教員となってから修学舎高校に通う生徒と日々接する中で、教師とは何なのか?ということを深く考えさせられることがありました。 学校に通う大勢の生徒達、しかし、親御さんにとってかけがえのない代わりのきかない宝を預かっているという、本当に責任の重い仕事をさせていただいているのだともよく思います。

いろいろなこれまで出会った人達やお世話になった人達が、まさかの所で繋がっている出来事も沢山経験してきました。これは、神様の悪戯どころではなくゲームでもして遊ばれているような出来事です。前置きはここまでで、何気ない毎日が人生の大切な一瞬一瞬であり、かけがえのない一期一会なのだと思います。今接している生徒や一緒に働く先生方に出会えて本当に良かった、教員になって良かったと心から思います。

そして、一瞬一瞬が人生を作っていくということを心に刻んで現3年生は卒業までの日々を大切に過ごしてほしいとも思います。1,2年生は今の3年生を越えられるよう背中を見ながら一生懸命これからの学生生活を過ごしていってください。

高校生活は、長いようであっという間です。私の場合も同様で、先日高校時代の友人の結婚式に参加してきました。高校生の時出会った友人達とは、未だに毎年のように欠かさず皆で集まっています。3年生の皆さんはこれから、進学・就職とそれぞれ歩みだします。何がいつどこで人生を左右するか分かりません。離れても会えなくても、周りで支えている人がいるからこそ、今の自分があることを忘れずに、周りの人達を大切に。そして、これから出会う人との縁を大切にしてください。いつかまさかの所で縁が繋がっていて驚くと思います。

Facebook にシェア
LINEで送る

項目別一覧
月別一覧
Copyright © 2018 浜松修学舎 All Rights Reserved.