浜松修学舎 中学校・高等学校

ホーム職員より12月の職員メッセージ その5

12月の職員メッセージ その5

Facebook にシェア
LINEで送る

「素直な気持ちでいれること」

206HR副担任  富部 善久

新年明けましておめでとうございます。本年も浜松修学舎を宜しくお願い致します。

「素直な気持ち」はとても大切なことだと感じます。皆さんは何の為に学んでいますか?“やらされている”という気持ちを持っては成長できません。学校の授業では間違えていいのです。それは間違いを繰り返して成長や成功にたどり着くのです。しかし、間違えてしまったところを何故という探求心と自分の誤りを素直に受け止める気持ちが大切です。それを受け入れることができないと同じ失敗を繰り返します。誰にでも間違えは生じてしまうもの。それをどう自分の糧にするか、自分でどう受け止めるかで今後が変わってきます。素直な気持ちでいれることは自分を認め、他人も認められること。自分の大切とする人に嘘はつかないですよね?一打一打、強く熱く叩かれる大切な命とかけがえのない自分を大切にしつつ、価値を高めて社会に羽ばたいて欲しいと思います。皆さんの人生経験は将来、“材産”となって役に立つはずです。

Facebook にシェア
LINEで送る

項目別一覧
月別一覧
Copyright © 2018 浜松修学舎 All Rights Reserved.