浜松修学舎 中学校・高等学校

ホーム職員より5月の職員メッセージ その5

5月の職員メッセージ その5

Facebook にシェア
LINEで送る

いつもと違った楽しさ

107副担任 国語科 岩邉茉実

こんにちは。

この前、『指』というお話を高校一年生の授業で読みました。

このお話は、主人公の喜一(きいち)の働いているガソリンスタンドに、ライトの壊れた外車が訪れるお話なのですが、その修理の作業中、喜一の心にとても熱い気持ちがふくらんできます。

 

さて!この気持ちはなんでしょう?

 

と、質問して、みんなで予想してみました。

 

自分が喜一だったら・・・と想像してみる生徒や、

○○と教科書に書いてあったからこんな気持ちだと思う!と推理する生徒、

思い思いに考えて、みんなで考えました。

 

授業が終わってからも自分の意見を伝えにきてくれる生徒もいて、教師であるわたしも思いつかなかった気持ちがたくさんとびだしました。そして、そんなとき、みんなで本を読むのって楽しいなあ・・・と心から思いました。わたしは読書が好きですが、一人で読むいつもとは違った楽しみがありました。

読書だけではなくて、他のこともきっと同じですよね。一人でも楽しいことはたくさんありますが、みんなとするとまた違った発見や楽しみがあります。学校の楽しさって、そういうところにあるのではないでしょうか。

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る

項目別一覧
月別一覧
Copyright © 2018 浜松修学舎 All Rights Reserved.