浜松修学舎 中学校・高等学校

ホーム職員より7月の職員メッセージ その1

7月の職員メッセージ その1

Facebook にシェア
LINEで送る

302HR副担任 社会科 上田千尋 

この職員メッセージに何を書こうかな、としばらく悩んでいると、職員室で隣の席の先生から「よし、蛮勇にいこう」と勧められました。

 

なぜ蛮勇の話になったのか。確か一番初めは「日本史の授業で樺山資紀(かばやますけのり)の話をしたら、生徒が妙に覚えていた」という社会の先生との話だった気がします。そこから「樺山資紀といえば蛮勇演説だよね」という話で少し盛り上がり、冗談を言い合っていたからです。

 

ところが、ここで終わらないのが蛮勇演説。それからしばらくたって隣の席の先生が「じゃあ漢字用例辞典の中から適当な言葉を選んで書いてみよう」と辞書をパラパラとめくってくださったので、「ストップ」と言うとなんとそこには「蛮勇」が。これはもう蛮勇に行くしかないということで、今回は蛮勇の話をしてみました。

 

ちなみに、樺山資紀は明治時代に活躍した少しマイナーな人物。明治時代に憲法や議会ができた頃、「軍事予算を減らすわけにはいかない!!!!」という演説をした大臣です。あまりの乱暴な言葉に衆議院は大騒ぎ。結局、予算は減らされてしまいました。その後の樺山資紀について知りたい人は、ぜひ社会の教科書を開いてあげてください。どこかに載っているかもしれません。

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る

項目別一覧
月別一覧
Copyright © 2018 浜松修学舎 All Rights Reserved.