【サイト内現在位置】

ホーム > 保護者様へ > 台風時の対応について

Share on Facebook
LINEで送る

保護者の皆様へ

台風等による注意報・警報発令時の対応

①午前6時の時点で「暴風警報」が発令されている場合は、午前10時まで自宅待機とし、午前10時の時点で「暴風警報」が解除されない場合は、全日休校となります。
この時点で「暴風警報が」解除されている場合は、交通・天候に十分注意し、午後の授業に間に合うように登校してください。 なお、対処に変更がある場合は、「緊急連絡網」で連絡します。

②休日に実施する部活動・補習・検定試験・模擬試験等については,午前6時の時点で「暴風警報」が発令されている場合,全ての活動を中止する。なお,警報の発令が予想される場合,実施責任者は生徒の安全を第一に考え,前日までに適切な判断をし,生徒を通じて保護者に対処方法(実施の有無,実施する場合はその方法)の連絡をしておく。

情報 授業 登校前発令 登校後発令
強風注意報 平常
授業
  1. 今後の気象情報や地域の実情等を家族と相談し、安全に登下校できることを確認した上で登校する。
  2. 安全に登校することが心配される場合は、学校に連絡し、自宅で待機するか状況を見て登校する。
  1. 気象情報や地域の実情に応じ、下校させることもある。
大雨注意報
洪水注意報
暴風警報 授業
中止
  1. 午前6時の時点で発令されている場合は午前10時まで自宅で待機する。ただし,土曜日の場合は休校とし,休日に実施する部活動・補習・検定試験・模擬試験等については,全て中止する。
  2. 午前10時の時点で警報が解除されていない場合は全日休校とする。
  3. 午前10時の時点で警報が解除されている場合は、午後の授業に間に合うように登校する。
    ただし、今後の気象情報や地域の実情等を家族と相談し、安全に登下校できることを確認した上で登校する。安全に登下校することが心配される場合は学校に連絡し、自宅で待機するか状況を見て登校する。
  1. 安全を確認した後、下校させる。
    【確認事項】

    • 交通、道路情報の確認
    • 保護者に引き取りの有無
    • 自転車通学の生徒の安全指導
    • 下校途中で帰宅不能になった場合の対処方法
  2. 安全に下校することが困難な生徒については、保護者と連絡を取り、適切な対処をする。
大雨警報 平常
授業
  1. 今後の気象情報や地域の実情等を家族と相談し、安全に登下校できることを確認した上で登校する。
  2. 安全に登下校することが心配される場合は学校に連絡し、自宅で待機する。
  1. 気象情報や地域の実情に応じ、 下校させることもある。
洪水警報
備考

各家庭でテレビ,ラジオ,インターネット等の警報,注意報の発令情報に気を配ってください。

※各家庭で「緊急連絡網」を確認しておいてください。

Share on Facebook
LINEで送る